Welcome to my blog

no rain,no rainbow

Article page

しいたんと神社

Category - diary
うちには今四匹の雄猫がいます。

そのうち次男坊しいたんがボスなので見回りや下の子の教育的指導、お世話などをしています。

もともと面倒見のよいタイプです。


出会いは今から十年前、今は亡きわんこ駿と当時の彼氏である夫と散歩していたとき。

とある商店の前にある自販機の所で小学生男子が二人、下をのぞきこんでいました。

ぴんときたのが、そういえばちょっと前に車でここを通りすぎる時、見たことない猫がいたなーと。

ちょっと離れたとこで三人で様子を窺っていると、小学生は諦めた様でいなくなりました。

駿を夫に預け、側に行くと、ふわふわの白っぽいグレーの猫がするりと出てきました。

抱き上げるとおとなしいのでそのまま商店の人に聞くと、最近いるけど捨てられたんじゃない?とのこと。

交通量があるとこなのでそのまま家に帰りました。


当時は実家にすでに茶々、ゆきたん、そしてソウ、リュウ、きょうこの三兄弟がいたので夫が自分の家に連れ帰り育ててくれました。

その後保健所にてじろも連れ帰り、また夫が引き取ってくれ、その後結婚し、ソウ、しいたんとじろ、その後コンビニで拾ったむーたんという現在のメンバーになりました。


リュウ、ゆきたん、きょうこも結婚したすぐあとにしいたん、じろ、ソウと新居にいたのですが、相性の問題で実家に戻りました。



そんなしいたん、先月から鼻水がすごく、そのうち治ると思っていたら悪化し、涙も出てきました。

今月に入った辺りからは、猫特有の目頭の膜が段々広がり、目も開けられなくなり、夫を説得してやっと先週病院に行ったときにはかなりグッタリ具合が悪そうでした。

先週の段階で、二週間効く注射、目薬二種で様子見。

そして昨日再診で、目は少し良くなっているとのことでしたが(私的には鼻水、目共に変化わからず)それより気になるのが、目が少し出てきていると。


言われてみれば確かに今週私も腫れているのかな?と思っていましたが前に出てきているという考えがありませんでした。

目薬はそのまま使い、今度は目の腫れをよくする飲み薬が出て、もう嫌な考えしか浮かばないけどそうなってほしくないので、必死に治る治ると言い聞かせてマイナスな言葉を口にしないようにしました。

そして、獣医さんや家族のしいたんが回復して安堵しているイメージを必死にしました。

午後、しんどそうなしいたんと二階で昼寝をしていたらしいたんがベッドからいきなり降りたので下に行きたいと思って夫を呼んで、しいたんをだっこしようとしたら、しいたんがおかしい動きをしていました。

足をトントンしながら右往左往。

きちんと歩けない。

痙攣しているような動き。


駿と同じでした。

駿はうちに連れてきたときですでに推定13歳、晩年24歳位まで生きて、最後の二年位がいきなり立てなくなったり腰を抜かしたり、痙攣などの発作が起きていたのですが、しいたんはまだ十歳。


昨日はヨロヨロしていて、介護やいきなり逝くなど色々覚悟したのです。


今朝、夢うつつの時に神社にお願いしに行こうと思い付きました。


最初は目の神社にいこうかな?と思いましたが、なんとなくいつもの地元のお山がご神体の神社にも行こうと思い。

母親と話してお山の神社に行くことにしました。

実家の茶々(雌二十歳)も具合悪いので二匹分、お願いしに。


夫に一時間子供達をお願いしたところで窓をふと見たら、雪国の今の時期はあまり晴れないのに綺麗に晴れて、朝焼けでピンクに染まった雪のお山が見えたので、呼ばれてるっていうか朝の夢正解!と思い、お参りしてきました。



帰りに初めて御朱印も頂きました。




そして、用事を済ませて家に戻ると奇跡が!!!


昨日あんなに弱ってたしいたんが、めもかなり元に近くなり、歩きも少し良くなって目に見えて回復していたのですよ!!




ありがとう神様…!



本当にびっくりです。



また週末、再診なのでもう大丈夫と太鼓判を押されたらまた神様にお参りして感謝を伝えようと思います。






今まで何気なくお参りしてきましたが。


今回が初めてでした。


必死にお願いをしたのが。



やはり神様っているんじゃないかなぁ。


たまたまだったとしても、どうしても今回は偶然に思えません…。


でも本当に最近は自分含め病院三昧で夫に迷惑かけてます…(´・ω・`)

夫にも感謝を伝えようと思います( ;∀;)




なんだかんだで自分幸せだなー…



とにかく、しいたんと茶々、早く元通りに健康になりますように。
スポンサーサイト

Category - diary

0 Comments

Post a comment